コピー機とインクがお得に使える!「リース契約」とは

業務用のコピー機、いわゆる複合機の本体代金は安いものでも60万円前後、高いものになると120万円前後します。いくらオフィスに必要な機器だとしても、導入コストとしては大きな負担です。

そんな導入コストをお得に!またインク代も節約できる方法があるとしたらどうしますか?それが、業務用コピー機の「リース契約」です。リース契約することで、初期費用を大幅に節約することが可能です。

そこで今回は、そんなコピー機のリース契約について、そのメリット・デメリットをご紹介しましょう。インクがお得に使える訳についても触れていますので、ぜひリース契約も検討してみてください。

1.リース契約とは

リース契約とは、賃貸契約の一種。いわゆる「リース会社」が商品を購入し、私たちはそれらを借り受ける形で使用するというものです。そんなリース契約には、主に2つの考え方が存在しています。

  1. ファイナンス・リース
  2. オペレーティング・リース

1.ファイナンス・リース

利用者側(私たち)が求める商品をリース会社が購入し、貸与するというもの。原則、途中解約はできない契約のもので、利用者側は商品代金やそこに付随するコスト(金利、固定資産税など)を分割して支払うことになります。

ちなみに、ファイナンスリースにはコピー機などの通信機器の他、産業機器や輸送設備、商業施設など幅広い商品が対象とされています。また、導入設備に対して「法定耐用年数」を基準に契約期間を決定できる為、長期間に渡り経費計上が可能です。

2.オペレーティング・リース

中古商品の「残存価値」を差し引いた分に対してリース会社が負担、リースとして貸与するというもの。一般的に、途中解約ができるというもので、利用者はファイナンスリースに比べて安価なリース料で借り受けることができます。

また、ファイナンスリース以上に自由な借り受け期間の設定が可能。場合により、リース期間終了時には、商品自体を買い取ることもできるというものです。

この後詳しく紹介しますが、ファイナンスリースのように、導入したい商品(コピー機)を利用者側がある程度指定できるというのは、大きなメリットと言えるでしょう。

2.メリット

コピー機のリースについては、ご理解いただけたと思います。では、実際にコピー機をリース契約した場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

  1. 支払いが分割となる
  2. 実質的に初期費用が掛からない
  3. インク代を定額または無料にできることも

1.支払いが分割となる

コピー機のリース契約では、リース会社が本体代金を肩代わりしてくれます。代わりに、毎月のリース料として分割払いするというもの。月額料金(リース料)は、毎月の経費扱いとして処理することが可能です。

一般的に、コピー機(120万円前後)のものを購入すると、減価償却手続きや固定資産税などが必要に。リース契約では、所有者はリース会社となる為、これら事務処理の手間も掛かりません

2.実質的に初期費用が掛からない

先述した通り、コピー機のリース契約では、本体代金はリース会社の全額支払いとなります。つまり、実質的に100万円以上する業務用コピー機の代金を一括で支払う必要がないのです。

正直、経費として業務コピー機の本体代金は大きな負担と言えます。中には、本体代金の支払いが難しい為に、業務用コピー機の導入を諦めている方もいるでしょう。リース契約を利用することで、より自由な設備導入が可能となるのです。

3.インク代を定額または無料にできることも

コピー機のリース契約では、一般的に「カウンター保守契約」が結ばれます。このカウンター保守契約には、主に以下のような特徴があります。

  • トナー(インク)が料金に含まれる
  • パーツ代や作業費(出張費)なども料金に含まれる
  • 印刷単価は十数円〜数十円/枚ほど

など。

リース会社や契約内容によるものの、トナー(インク)代金は無料!であることが多く、その他の諸経費(修理費や用紙代)などもリース料に含まれます。単純に、コピー機とインクを購入するよりもお得なのです。

コピー機をリース契約する一番のメリットは、やはり維持費がお得ということ。経費としてかさみがちなインク代が実質無料!で自由に印刷できるということでしょう。

3.デメリット

先ほどは、コピー機をリース契約した際に得られるメリットについてまとめました。そこで次は、デメリットについてご紹介しましょう。

  1. 途中解約が難しい
  2. 所有権はリース会社
  3. 本体代金が高額に

1.途中解約が難しい

先述した通り、リース契約の場合、基本的に途中契約はできません。これは、リース契約時に期間を設定、それに合わせて金利(固定)が加算されているためです。

ちなみに、中には途中解約が可能な場合も。ただし、残金を一括支払い、さらに解約金が加算されるという形が取られる為、大きな負債に繋がるリスクがあるのです。

2.所有権はリース会社

リース契約では、コピー機の本体代金を支払ったのはあくまでリース会社。その為、コピー機自体の所有権もリース会社ということに。リースの期間が過ぎれば、コピー機は返品、手元には一切残らないということです。

ちなみに、契約内容によっては、再リースすることも可能。その場合、満期の数ヶ月前から再リースの打診が。その都度、契約内容を見直しリース契約を結ぶことになります。

3.本体代金が高額に

リース会社がコピー機のように高額商品を購入、貸し出しを行うには「金利」というメリットがあるため。コピー機の本体代金よりも多くのお金を回収できるためです。

その為、コピー機のリース契約では毎月の支払いは数万円でも、満期までの総額では本体代金よりも高額に。きちんと満期までを見越して計算しておかないと、思わぬ出費に気づかないまま過ごすことになる可能性もあるのです。

途中解約や所有権、本体だ金の支払いなど、リース契約はメリットばかりではありません。これらデメリットも正しく理解した上で、ベストな選択をする必要があるのです。

4.契約約款は要チェック!

ここまで、コピー機のリース契約に対してメリット・デメリットをまとめてきました。リース契約は、1度契約が結ばれれば法的拘束力のあるもの。過去には、悪徳業者が悪意ある契約内容で多くの方を騙した例もあるほどです。

契約規約は要チェック!

リース契約を交わす際、必ず「契約規約」を設定します。いわゆる、利用条件を細かく記載しておく書類のこと。この契約規約に書かれた内容が法的拘束力を持つのです。

中には、途中解約に高額(法外)な解約金を記載しているものも。また、リース期間が勝手に延長されるようなものまで。トラブルに巻き込まれないよう、契約規約は隅々までチェックすることをおすすめします。

リース契約の不正は立証が難しい!

ちなみに、リース契約中にリース会社が明らかな不法行為や契約違反を行った場合、リース契約の途中解約を行うことが可能とされています。ただ、正直なところ、リース会社のような法人の不法行為を立証するのは困難です。

リース会社は、十分に情報を収集・精査した上で信頼できる相手を選ぶようにしましょう。

5.まとめ

今回は、業務用コピー機のリース契約についてご紹介しました。リース契約、単純にコピー機のレンタルだと考えていると、思わぬ落とし穴がある意外と難しい契約方法です。

その反面、まとまった資金がなくともコピー機のような高額機器の設備導入ができるというメリットも。さらにコピー機のリースであれば、インク代の節約にも繋がります。

ぜひ、リース契約のメリットとデメリット、両方の面を良く理解した上で、みなさまに合うベストな導入方法を検討してみてください。


おすすめ記事

人気の記事

  1. コピー機とインクがお得に使える!「リース契約」とは
    業務用のコピー機、いわゆる複合機の本体代金は安いもの…
  2. こんなに高いのは日本だけ!?コピー機のインク代を安くする方法
    「コピー機のインク代が高い」と悩んではいませんか?一般的…

ピックアップ記事

  1. コピー機とインクがお得に使える!「リース契約」とは

    業務用のコピー機、いわゆる複合機の本体代金は安いものでも60万円前後、高いものになると120…
  2. こんなに高いのは日本だけ!?コピー機のインク代を安くする方法

    「コピー機のインク代が高い」と悩んではいませんか?一般的なコピー機のインク代はカラーで15円、モ…