コピー機のインク消費量がポイント!新品と中古はどちらがお得?

コピー機の導入は、オフィス環境を整える上で必須と言えます。ただ、オフィス向けのコピー機は一般家庭向けに比べて高いもの。また、インク代もかさみがちです。

その為か、最近「新品と中古、どちらの方がお得ですか?」というお問い合わせをいただくことが増えたように感じます。確かに、最近機能の詰まった「新品」と本体価格の安い「中古」どちらも魅力的です。

そこで今回は、新品と中古、コピー機の選び方についてどちらの方がお得!と言えるのかをご紹介しましょう。主に、インク消費量がポイント!ぜひ、参考にしてみてください。

1.新品と中古はどちらがお得?

オフィスの新設に合わせての導入、移転に合わせて買い換えなど。コピー機を購入する理由はそれぞれかと思います。では、冒頭でもお伝えした通り、コピー機は新品と中古、どちらがお得なのでしょうか?以下に、選ぶポイントを2つにまとめました。

  1. コピー機の導入期間
  2. インクの消費量

1.コピー機の導入期間

コピー機の導入期間が長いという方は、「新品」がおすすめ!理由としては、新品のコピー機の方が保守費用、いわゆる修理やメンテナンスに掛かる費用が安いため。反対に、中古のコピー機は故障のリスクが高く、修理やメンテナンス費用が高くなりがちなためです。

「3年以上導入するかどうか」を基準にして考えてみるといいでしょう。

2.インクの消費量

インクの消費量が少ないのであれば、「中古」がおすすめ!理由としては、中古であれ新品であれインク代というのはそれほど変わらないため。中古のコピー機は新品に比べて本体代金が安く、インクの消費量が少ないのであればお得!と言えるためです。

「1ヶ月500枚以上印刷するかどうか」を基準にして考えてみるといいでしょう。

製品として機能UPされているのは、明らかに「新品」のコピー機です。長く頻繁にインクを利用するのであれば、新品を選んだ方がいいでしょう。

反対に、コピー機のような機器は型が古いほど安くなる傾向にあります。当然、その分だけ新品に比べて機能は少なくなります。それほど頻繁にインクを利用しないのであれば、中古でも十分ということです。

ぜひ、みなさまの利用状況から新品か中古、コピー機を選んでみてください。

2.新品と中古のメリット・デメリット

先ほど、主にインクの消費量から新品と中古、コピー機を選ぶ基準についてご紹介しました。ただ、それだけでは判断できない方も多いと思います。そこで、以下にコピー機の新品と中古、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

新品のコピー機

メリットとしては、メーカーの保守期間内であれば安く保守管理(故障修理やメンテナンス)を受けることができるということ。また、新品のものほどインクの消費効率が良く、多く印刷できるという点が挙げられます。

反対にデメリットとしては、中古に比べて本体代金が高いということ。機能が多すぎて、使い熟すまでに時間が掛かる可能性があるでしょう。

中古のコピー機

本体代金が新品のコピー機と比べて安いというのが、メリットとして挙げられます。また、中古の方が機能が少ない場合が多く、使い熟すまでにそれほど時間が掛からないと言えます。

反対に、メーカーのメンテナンスを受けられない、保守管理費用が高くなりやすいというデメリットも。ただ中古の場合、販売店によっては「独自のメンテナンス期間」を設けている場合もあります。

上記から分かる通り、一概に「こちらが良い!」という訳ではありません。コピー機を選ぶ際には、新品と中古、両者のメリット・デメリットを把握した上で検討するのがおすすめです。

3.インクの減りを抑えるコツ

新品と中古、コピー機を選ぶポイントについてはご理解いただけたと思います。しかし、それでもインク代というのは、コピー機の保守費用として負担になるもの。そこで、以下にインクの減りを抑えるコツをまとめました。

  1. 濃度を落とす
  2. まとめて印刷
  3. 節約機能の活用
  4. インク節約ソフト

1.濃度を落とす

インクの濃度を落とすことで、減りを抑えることに繋がります。基本的に、コピー機の初期設定では最も良い状態で印刷ができるようになっています。しかし、オフィスで資料を印刷するのであれば、それほど高品質は必要ありません。コピー機の設定を変更し、インクの濃度を下げても十分な品質で印刷することが可能なのです。

2.まとめて印刷

ついつい、必要な時にこまめにコピー機を稼働させてはいませんか?実は、コピー機は異なるデータであれ、まとめて印刷した方がインクの節約に繋がります。これは、コピー機は印刷がひと段落する度に「クリーニング処理」を行っているため。こまめにコピーしていたのでは、クリーニング処理の頻度も多くインクを余計に消費してしまうのです。

3.節約機能の活用

コピー機の中には、「インク節約」の機能が搭載されているものも。このインク節約を設定することで、インク消費量を減らすことが可能です。もちろん、インク節約にすることで印刷の品質は下がります。それでも、ちょっとした資料や文字のみの印刷であれば十分な品質と言えるでしょう。

4.インク節約ソフト

番外編として、「インク節約ソフト」を導入してみるという手もあります。例えば、「インクセーバー2」などのインク節約ソフト。価格は4,000円前後、20%〜70%ほどのインク節約に効果が期待できます。ちなみに、インク節約ソフトの中には、無料!で配布されているものも。さらにインクを節約したいのであれば、導入を検討してみるのもおすすめです。

現状、すでにコピー機を導入しているのであれば、設定を変更してみるのが効果的。上記で紹介した、「濃度を落とす」や「節約機能の活用」などぜひ試してみてください。

4.まとめ

今回は、コピー機のインク消費量から考える、新品と中古、どちらを選んだ方お得なのかについて紹介しました。管理費用のお得な「新品」と本体価格のお得な「中古」、どちらにもメリット・デメリットがあるものです。

1つの基準としては、「インクの消費量」。頻繁または大量に印刷するのであれば、新品のコピー機を選んだ方が良いでしょう。反対に、それほど印刷する必要がないのであれば、中古のコピー機でも十分と言えます。

また、コピー機の買い替えを検討中の方は、インクの減りを抑えるコツを試してみてください。少し設定を変更するだけ、意外とインク消費量を抑えることに繋がります。

新品か中古、買い換えるのか既存のもので対応するのか、ぜひみなさまそれぞれに合うベストな選択を検討してみてください。


おすすめ記事

人気の記事

  1. コピー機のインク消費量がポイント!新品と中古はどちらがお得?
    コピー機の導入は、オフィス環境を整える上で必須と言え…
  2. コピー機とインクがお得に使える!「リース契約」とは
    業務用のコピー機、いわゆる複合機の本体代金は安いもの…

ピックアップ記事

  1. コピー機とインクがお得に使える!「リース契約」とは

    業務用のコピー機、いわゆる複合機の本体代金は安いものでも60万円前後、高いものになると120…
  2. コピー機のインク消費量がポイント!新品と中古はどちらがお得?

    コピー機の導入は、オフィス環境を整える上で必須と言えます。ただ、オフィス向けのコピー機は一般…